歯の根元が欠けていたら歯医者への受診を!

歯の根元が欠けていたら歯医者への受診を!

治療

詰め物をする

歯が欠けてしまって歯の根元が段差になっていた場合は、段差になっている箇所に詰め物をします。詰め物をすることによって歯がしみるのを防止できるのです。また詰め物は白色のものを使用するため審美性も改善できます。

咬み合わせを整える

歯の根元が欠けてしまった多くの原因が咬み合わせが悪いことにあります。詰め物をすることと同時に咬み合わせのバランスを調整することで改善を図ります。

被せたものを再作成

前歯に被せものをしていて、それが根元から欠けてしまう場合があります。歯医者によってはこの被せものを改めて作り直すことがあります。特に見た目にこだわる方は新たに被せものを作り直すことを希望するようです。

歯の根元が欠如した際の症状

水を含むとしみる

エナメル質の内部にある象牙質が現れてしまい、水を飲んだ時にキーンとしみるようになります。よく知覚過敏の症状と間違われます。この症状が出たら根元が欠けてないか疑ったほうがよいでしょう。

被せものしていた場合根元が段差になる

もし歯に被せものをしていたら、被せものと歯肉の境目の箇所が段差になってしまいます。段差になってしまうと見た目にも悪くなり印象があまりよくありません。

歯磨き時に痛む

歯の根元が欠けてしまった際、歯ブラシが歯に当たった瞬間に歯がしみてしまったり痛む時があります。このような症状になってしまったらすぐに見沼区の歯医者に歯を見せたほうがよいと思います。

時間経過で段差がひどくなる

歯の根元部分のエナメル質は薄くなっています。もし象牙質まで段差が広がってしまうと、非常に磨り減りやすくなります。その結果段差が大きくなり審美性も失われていきます。放置せずに早めに歯医者へ行くことが大切です。